このサイトについて

 

『うちのネコちゃんが偏食気味で困ってしまう・・・もっと健康的なフードを食べてくれないかな???』なんてお悩みではないでしょうか?

 

このサイトは、健康的でしかも食いつきがいいキャットフードについて、選び方のコツやポイントをまとめています。そして、私のお勧めのフードでもある『モグニャン』について詳しくレビューしてみました。

 

あなたのネコちゃんと相性ピッタリのフードを探す時にこのサイトの事を思い出してもらえると嬉しいです。

内容

うちの子は猫缶ばかり・・・ それってすごく危険なんですよ! 

 

猫缶に代表されるようないわゆる『ウェットフード』、きっとあなたのネコちゃんも大好きだと思います。他にも、チュールのような『ネコのおやつ』もウェットフードの一種であり、どんなネコちゃんでも喜んで食べる事で有名ですね。

 

このようなウェットフードは、普段の食事であるドライフードに混ぜて食べさせたり、おやつとして与えたりと色々な場面で活躍します。

 

ですが、もしあなたのネコちゃんが、このようなウェットフードばかりを食べてしまい、普段の食事であるドライフード(カリカリ)をあまり食べないようであれば、かなり危険かもしれません。

 

ウェットフードの闇@人工添加物・保存料の危険性

 

パウチタイプ(袋入り)のウェットフードに多いのですが、食いつきを良くするための香料や、保存性を上げるための人工添加物を配合している例が非常に多いです。

 

これは、缶詰タイプに比べてパウチタイプの方が気密性が悪く、日持ちがしないという理由もあって、どうしても避けようがないみたいです。

 

特に保存料に関しては、以下の成分名をメモしておくことをお勧めします。いずれもキャットフードに使われる事が多い人工保存料であり、一部には発がん性も報告されているくらい危険なんですよ。

 

エトキシキン
BHT(ブチルヒドロキシアニソール)
BHA(ブチルヒドロキシアニソール

 

他にも、新鮮な肉の色を演出するための発色剤(硝酸カリウム、亜硝酸ナトリウムなど)、そして、お肉やお魚の香りを演出するための人工香料などが添加されている例も・・・

 

私はこの事実を知ってから、特にパウチ型のウェットフードについては必ず原材料と成分をチェックするようになってしまいました。

 

それくらいに危険なものが多いって事なんですよね。

 

ウェットフードの闇A|栄養バランスが悪い 

 

ウェットフードには色々な形状のものがあり、嗜好性(ネコちゃんの食いつき)に合わせて様々なタイプを選ぶ事ができますよね?これは一見すると便利なのですが、実は『栄養バランス』と言う意味では大きな問題になってきます。

 

例えば『魚の切り身タイプ』のウェットフードであれば、当然ですがその主な原材料は魚だけです。これでは動物性タンパク質だけに栄養が偏ってしまいます。

 

他にも、ジェルタイプやスープ状のウェットフードもありますが、これなどは90%以上が水分であり、決して栄養価が高いとは言えないんです。しかも、このような水分が多いフードは、そのままでは腐りやすいために危険な保存料を後から添加している物も多くあります。

 

ですので、栄養バランスと言う意味では、やはりウェットフードよりもドライフードの方が優れていると言えますね。

 

ウェットフードの闇B|肉副産物という名前の廃棄肉を使っている

 

格安のウェットフード(缶詰など)に多いのですが、価格を安く抑えるために、『廃棄物と呼ばれるレベルの危険な肉副産物』をあえて利用している例があまりに多いです。

 

一般的には肉副産物と呼ばれていますが、例えば以下のような原材料がこれにあたります。

 

死んだ動物の肉
病気になった動物の肉
精肉工場で出た廃棄肉
動物の毛
鳥のくちばし
牛の骨
肉骨粉

 

格安のウェットフードは、このような『畜産廃棄物』をあえて配合する事でかさましをして、そのままキャットフードとして市場に流しているのです。だからこそ、一般的には価格が高くなりがちなウェットフードであっても、びっくりするくらい安く仕上げる事が出来るのだそうです。。。

 

ですが、私はこのようなペットフード業界の闇は、はっきり言って飼い主である私たちへの裏切りだと感じています。

 

残念ながらこのような肉副産物の使用は、特に法律で禁止されているわけでもないそうです。そのため、我々飼い主が勉強し、そして食べさせないように努力する義務があると感じています。

 

ウェットフードの危険性について
人工添加物の問題
保存料の問題
栄養バランスの問題
肉副産物の問題
特に格安&パウチタイプには細心の注意が必要!

五大要素|猫ちゃんの健康と長生きのための食事とは? 

 

私たち飼い主は、ネコちゃんの健康のためにどのような食事を与える事が出来るのでしょうか?私も気になって今でも勉強中なのですが、一般的には以下のような要素を満たすフードが良いとされています。

 

@ウェットフードではなくドライフード
Aグレインフリー(穀物不使用)
B高タンパク質
C人工添加物無添加
Dヒューマングレード(人間が食べても問題がない)

 

大事な事だと思うので、それぞれ少し詳しく説明しますね。

 

なぜドライフードなのか?ウェットフードはダメなのか?

 

こちらの記事『ウェットフードの闇A|栄養バランスが悪い』でも紹介したように、ウェットフードはその形状の特性から、どうしても栄養価に偏りが生じやすくなっています。また、一般的にウェットフードは水分が多いため、特にシニア猫(7歳以降)の場合は下痢をしてしまいやすい場合も多いです。

 

一方でドライフード(カリカリ)は、栄養価が高いお魚やチキンなどに加えて、健康増進も期待できる天然ハーブやお野菜類もしっかりと選んで配合されています。

 

そのため、毎日の食事としては圧倒的にドライフードの方が栄養価も高く、そしてそのバランスも優れているのです。

 

ですので、愛するネコちゃんの事を考えるのであれば、主食は絶対にドライフードにこだわってあげるべきだと言えます。

 

グレインフリー(穀物不使用)は健康と長生きのための必須条件です

 

意外にも知らない飼い主さまもおられるのですが、猫は真性肉食動物です。つまり、本来は穀物などを食べる事はないのです。そのため、例えば小麦やトウモロコシ、大麦や玄米などを消化するのは苦手であり、大きなストレスにもなります。

 

ですが、このような穀物類はほとんどのキャットフード、特にドライフードに配合されています。なぜなら、比較的安価であるためのフードの見た目の量や栄養価を釣り上げてかさましする事ができるからなんですね。

 

ですが、このかさましにはほとんど意味がありません。だって、『ネコちゃんにとっては消化しずらい異物』なわけですから、食べても栄養として吸収される量はわずかであり、むしろ胃腸に対して過度なストレスを与えている事にもなります。

 

ですので、キャットフードを選ぶ時は、『穀物不使用=グレインフリー』という要素は必須条件であると言えます。

 

高タンパク質(特に魚肉成分が良い)

 

先ほど説明したように、ネコは真性肉食動物であり『お肉・お魚』を主食として食べるように体が出来ています。これらの原材料は『タンパク質』ですので、当然キャットフードの主原料も『タンパク質』がメインとなっているべきです。

 

つまり『高タンパク質』で、動物性タンパク質が多いフードが理想的であると言えます。この点に関して補足しておくと、特に日本のネコちゃんはお魚好きですので、魚肉を多く含むフードなどが良いと考えられますね。

 

人工添加物・保存料無添加

 

一般的にドライフードは食いつきが悪いものが多いとされています。そのため、後からお肉やお魚の風味付けのために人工的な香料を添加しているものも多いです。また、ドライフードは一般的には袋詰めされたパウチタイプが多いですが、これは気密性と保存性については缶詰よりも性能が劣ります。

 

つまり、ドライフードは缶詰よりも腐りやすく、そして劣化も早いと考えられます。そのため、多くの市販ドライフードには、危険な人工保存料(エトキシキンなど)がたっぷりと配合されています。

 

発がん性が高く、危険度も高い人工保存料なのに、なぜかペットフードには使用が禁止されていないのです。ですから、保存料に関しては細心の注意を払ってあげる必要があります。

 

無添加にこだわる事は、ネコちゃんの健康と長生きを願うのであれば絶対だと考えて下さい。

 

ヒューマングレード(人間が食べても問題がない)

 

最後が品質の問題です。皆さんは4Dミートという言葉を聞いたことがあるかもしれませんね。念のため説明すると、これば米国の食肉に関する基準であり、以下のような粗悪で不潔なお肉を4Dミートと呼びます。

 

  1. Dead:死んだ動物の肉
  2. Dying:死にかけた動物の肉
  3. Diseased:病気の動物の肉
  4. Disabled:障害がある動物の肉

 

このような肉類は人間の口に入る事が許されておらず、破棄されるべきなのですが、ペットフードへの配合は未だに禁止されていないんです。そのため、多くのペットフードにはこのような4Dミートが使われています。

 

ですが、私はネコちゃんの健康を考えるのであれば、やはりこのような不衛生で正体の判らないものあ食べさせるべきではないと思うのです。いくら法律で禁止されていあに〜と言って、人間が食べてはいけないレベルのものをネコになら与えてもいいとは・・・

 

ですので『人が口に入れても問題がないレベルの肉=ヒューマングレード』である事もまた、猫の健康と長生きを考えるのであれば必須条件であると私は思います。

こんなキャットフードは危険!ゼッタイに辞めてあげて下さい! 

 

まず避けるべきは、やはりペットフード業界の闇でもある『格安の市販フード』ですね。価格が高ければいいと言うわけでもちろんありませんが、少なくとも『極端に安いフード』には、それなりの理由があります。

 

肉副産物を使用している
4Dミートを使っている
穀物などでかさましして価格を抑えている

 

スーパーなどの市販キャットフードは、そのほとんどがこのような危険性が高い粗悪フードばかりですので、絶対に避けてあげて下さい。

 

他にも、栄養価が高く品質が良くても、食いつきに問題あるフードも少し問題です。

 

動物病院や専門ペットショップで買える療法食などがそうなのですが、確かに健康的ではあっても、ネコちゃんの食いつきがイマイチのものって結構あります。

 

このようなフードをもし選んでしまっても、ネコちゃんが食べてくれなければ意味がありません。『せっかく買ったのに食べてくれないから、猫缶やウェットフードと混ぜて与えた』なんていう意味のない食べさせ方になってしまう場合がほとんどだと思います。

 

ですので、健康的で栄養価が高いだけでは残念ながら不十分だと私は思います。

 

そういった意味では、フード選びで一番大事なのは『健康的であり、しかも食いつきもいい』という毎日の食事としてのバランスの良さだといえますね。

食いつきがいい健康的なキャットフード選びのコツとは? 

 

今私は『健康的でしかも食いつきが良いバランス型のドライフードが良い』と書きました。では、どうすればそのようなフードが見つかるのでしょうか?

 

私もうちの子(7歳になるスコティッシュフォールドのおじちゃんです)のフード選びを通して、ずっとこの点は気になっていました。そして、いくつものフードを試す中で、ある基本的なルールがある事に気が付いたのです。

 

それは、たった二つのルールでした。

 

気が付いてしまえば当たり前の事でしたが、せっかくなので書いてみたいと思います。

 

お魚、お肉(鶏肉など)の自然の風味が強めのフードであれば食いつきが良い

 

犬ほどでないにしても、やはりネコちゃんは人間よりも鼻が良いのか、香りには非常に敏感です。そのため、香りが強めのフードであれば、ドライフードであっても最初の食欲刺激のきっかけになってくれるみたいで、食いつきの良いフードが多かったですね。

 

これは、市販の格安ドライフードが、わざわざ食いつきの良さを演出するために人工香料で香りづけをしている事からも明らかだと思います。

 

ですが、もちろん人工香料はダメです。ネコちゃんの健康を考えるのであれば、これは絶対禁止!

 

ですので、『お魚、鶏肉などの自然の風味が強めで、しかも人工香料が無添加のフード』であれば、食いつきの良さに関してはとりあえず合格点だと言えますね。

高タンパク質でおいしい味わい

 

ドライフードの場合は特に、魚やお肉以外の原材料でかさまししてしまう事も可能ですが、私の経験では、このような『スカスカのドライフード』はとても食いつきが悪かったです。

 

つまり、風味はあっても肝心の『お魚、お肉の美味しい味』がしないため、すぐに食べ飽きてしまうのだと思います。その証拠に、お魚やお肉などの動物性タンパク質含量がが高いフードほど、食いつきもよく、飽きずに食べてくれました。

 

ですので、『高タンパク質のドライフード』という要素もまた、食いつきには重要だと感じています。

 

おいしい味わいをという事から考えると、60%以上の動物性タンパク質を含んでいるのが理想的とも言われていますので、この含有量を一つの目安にしてみるといいかもしれませんね。

 

自然のお魚・お肉の香りが強く感じるフードを選ぼう!
高タンパク質で味わいがはっきりしたフードを選ぼう

私がモグニャンキャットフードを選んだ5つ理由 

 

私はうちの子(7歳のおじいちゃんな猫ちゃん)に長生きして欲しくて、健康的で高品質なドライフードを探していました。そして、色々なフードを試すなかでようやく見つけたのが『モグニャン』です。

 

他にもうちの子と相性が良いフードはいくつかありましたが、私は『健康的で品質も良い』という理由から、今ではこのフードを主食として食べてもらっています。

 

私がなぜこのフードを最終的に選んだのか?という点については、もしかしたら気になる飼い主様もおられるかもしれないので、簡単にまとめてみますね。

 

グレインフリーで消化に良いという必須条件を満たしていたから。
栄養価の高い白身魚を原材料として63%も含んでいたから。これは私が調べた中で最も高い数値でした。
電話で聞いてみたことろ、ヒューマングレードであるとの返事を頂けて安心できたから。
安全性の高さについても国際規格をクリアーしていて信用できたから(SAL GLOBAL クラスA)
健康的で栄養価の高いドライフードなのに食いつきが良いと口コミでも評判だったから
専門の獣医師の先生も『嗜好性の高さと食いつきの良さ』を評価していたから

 

特に『食いつき』に関しては、やはりネコちゃんとの相性もあります。そのためうちの子とも相性が良いのかはかなり気になっていました。ですが、公式サイトでは多くの飼い主様が『食いつきの良さ』を高く評価していたので安心かな?って思えたのです。

 

しかも、公式サイトでは専門の獣医師の先生が、わざわざこのフードの美味しそうな香りと風味についてコメントを述べていたのです。このような特徴のドライフードは他になかったため、これなら安心できる!って思ってモグニャンを選びましたね。

 

 

(こうめ動物病院 澤柳 千 院長のコメント。モグニャン公式サイトよりお借りしました。)

 

 

(モグニャン公式サイトはこちらのページから移動できます。)

たった一つだけ注意点をあげるとすれば・・・ 

 

モグニャンは獣医師の先生も認めるくらいに『香りと食いつきの良さ』で有名なフードなのですが、それが一部の飼い主様にとっては少しだけ評判が悪かったりします。特にこれまで食いつきの事を考えて作られていないフードを選んでいた人にとっては、開封直後の強い魚の香りにびっくりするみたいですね。

 

ですが、これについてはネコちゃんの食欲をそそる工夫なので、むしろ喜ぶべきなのかな?と個人的には思います。

 

この香りが人工香料由来のものであれば大問題ですが、モグニャンは香料無添加ですので、その心配は不要ですね。

 

ですので、ネコちゃんに対しての注意点は特にないのですが、香りの強いキャットフードに飼い主であるあなたが苦手意識を感じるのであれば、少しだけ注意が必要かもしれませんね

モグニャンはこんな飼い主さんに選ばれています 

 

モグニャンは、ただ健康的であるだけではなくて、ネコちゃんが美味しく、たくさん食べてくれるように工夫された美味しいキャットフードです。そして、栄養価の高さを食いつきの良さのバランスに優れているという特徴があります。

 

そのため、以下のような願いを持っている飼い主様に特に評判が良いですね。

 

偏食気味の猫ちゃんのために健康的な食事を与えたいと考えている人
ずっと安心して与えられるオールステージ対応のドライフードを探している人
危険な市販のキャットフードをこれ以上与えたくないと考えている飼い主さま
高品質でおいしいものを選んで食べさせたいと考えている人
栄養価が高くて食いつきの良いドライキャットフードを探している人

 

ただ健康的なだけのキャットフードであれば、これ以外にも多くの選択肢があるかもしれません。ですが、私は以前にこのようなタイプの『自然派フード』を与えたこともあるのですが、すぐに後悔しました。

 

だって、ネコちゃんが少し寂しそうなのです。最初の一口を食べて、すぐにムスっとしているような、すこし寂しそうな、そんな顔ばかり私に向けてきたのです。

 

その時に私は、『健康にいいだけじゃなくて、美味しくなきゃダメなんだ!』って気が付きました。

 

そして色々なフードをお試しで購入して、ようやく私もネコちゃんも満足できるドライフードにたどり着いたんです。

 

ですので、もしあなたが私と同じように、『ネコちゃんに長生きして欲しくて、モグモグと美味しそうに毎日ご飯を食べて欲しい』と願っているのであれば、モグニャンキャットフードのようなドライフードを選んであげて下さい。

 

天然食材の風味としっかりした味
香ばしいお魚のおいしそうな匂い
ネコちゃんの健康を考えた栄養バランス
消化に良いグレインフリーなフード
食いつきの良さと栄養価のバランスに優れたフード

 

是非このような高品質なプレミアムキャットフードを選んで、これからもできるだけ長く一緒にいてあげて下さいね!

 

モグニャン|栄養価が高くて食いつきも抜群にいいプレミアムドライフード 

モグニャンキャットフード|美味しいだけじゃない&健康的なだけじゃない!
人気の理由は?

 

強めでのお魚の香りが特徴なため、食いつきが非常に良い
健康的でネコ本来の食事に限りなく近い原材料
ヒューマングレード&4Dミート不使用だから安全
グレインフリーだから消化によくシニア猫でも安心
健康的でしかも食いつきが良いと評判のプレミアムキャットフードです。

 

価格 容量 ネットでの口コミ
3,960円

3,564円(特別価格)
一袋1.5 kg
魚の香りが強いためか食いつきが普通のフードとは違った。

 

シニア用のフードとして良く食べてくれるのが嬉しい。

 

ネットでの口コミの良さが目立ったのでこれを選びました。

 

高齢の猫にも安心な原材料なのが良いですね。

 

グレインフリーのフードとしては一番食いつきが良いと思います。